昨日チャートに関する書籍を買って、色々と勉強を始めてみたが、これほど面白いとは思わなかったというのが第一印象。

その昔、パチスロでご飯を食べてたような時代があって。その頃も各台の出玉数や想定設定を表にして分析してたもんだ。そうすることで、世の中のものはなぜかある程度は法則性に従って動いていることがわかる。

と、言う事はだ。FXも過去のチャートに様々なインディケーターを引いてみて、それを自分なりの仮説と照らし合わせて分析してみるのも面白い。

むろん、全てが全てきっちりと当てる事が出来るインディケーターなんてないだろう。だからこそ面白い。これだけインディケーターがあるのならば、その組み合わせと仮説によってそこそこ(無作為にトレードするよりも)勝率はアップできるのではないだろうか。

ちょっと新しい趣味が出来た感じがする。この私的なトレードロジックを研究してみようと思う。