ロジックに沿ってトレード準備をしている時に、移動平均線の50と75の位置が逆な時がある。この時はエントリーすべきなのかどうか。

例を見てみる。(50=黄色、75=青)

①の箇所で移動平均線の5が上に突き抜けているが、この時は50(黄)と75(青)の順番が逆である。その後は一度ロングで伸びるがすぐに降下してしまう。※青色のSQI-BBが出現

そして②の箇所では50(黄)が75(青)を追い抜き、ロジック通りの順番に並んだ。すると、結果的に一時ショートトレンドに陥るがSQI-BBは青色を表示することなく上昇を続けた。

どの程度の信ぴょう性と再現性があるのかわからないが、5-75-50 の並びの場合トレンドの継続が短いという仮説が成り立ちそうだ。

つまり、エントリータイミングが交差点から遅れた場合、5-75-50では無理にエントリーしない方が無難とも言えるかもしれない。